iida Infobar A01 を一週間使ってみた感想。


Original Product Archives|au


 この御時世、携帯電話を持っていないと、人からは「何故持っていないのだ?!」と怒られるし、身分証明書を持っていないのに近い不便さを甘受しなければならないのにも辟易して、AUの携帯電話を4年前から使ってました。それとは別にWillcomのW03は使ってたんですが、電源入れとくと全然電池が持たないので、Webにアクセスするときと、自分が電話かけるときしか電源入れなかった。B型のみに可能な使い方でした。


 で、4年近く、月に平均2,3回くらいしか携帯電話かけなかったので、無駄で仕方なかったです。なのに、E-MobileiPod touch/iPadは、バリバリに使い倒している。アホらしいので、いいかげんにAUもスマートフォンにすることにしました。MNPでiPhoneにするには、iPhone5発売時間の問題だし、ポイントが1万9千円くらい貯まってるので、ちょっともったいなさ過ぎました。なので、AU前提が条件でした。まあ、多分、iPhone5も2台目として、出たらすぐ買うと思いますけど。


 ただ、ガラケーも電話以外では、モバイルSUICAは新幹線乗るときとか重宝だし(安いし、みどりの窓口に並ばなくてもいつでも買える)、Edyもそれなりに使ってます。なので、おさいふ対応するまでは待った方が良いかな、と思って我慢してきました。7月末からスマートフォン対応始まって、それなりに初期トラブル対応もあったみたいですが、一段落もしただろうし、そろそろいいか、と先週の金曜日に機種交換に行きました。


 その時は、Xperiaにする積もりでした。店頭では、それなりに触っていて、応答性や安定性ならGalaxyやHTCもいいか、特にGalaxyの有機EL画面は良いかな、と思いましたが、おさいふ無いとやっぱり日本でスマートフォン持っている意味無いし。せっかく、ここだけは先進国なんだから。ガラパゴスとは言うけど、進んでるのはここだけなんだから、そこで自虐してどうすんのよ?とはいえ、ガラスマって、アンドロイドとしての出来は残念すぎるんですよね。応答悪いし、UI訳分からないし。そこは、やっぱり、WWでのプレーヤーとしては、ソニエリは安心かなと。Xperia acroは、WWモデルベースで、おさいふ・ワンセグ・赤外線とフルスペックなので、テザリング無いことくらいしか文句はなかったです。まあ、Eメール対応は9月まで待たなきゃいけないから、Gメール転送設定なんてめんどくさいけど、欲しくなったんだから仕方ないし。なので、Xperia acroにする積もりでした。


 でも、都心の某大型旗艦店行ってみたら、キャンペーン終わって1万くらい値段高くなってたんですよね。でも、その脇のiidaは、まだ安かった。それで、しげしげと改めて手にとって比べてみました。iidainfobarは、独自のUIもデザインも評判良かったし気になってました。画面は見た目、どう見ても、Androidというより、新しいWindows Phoneみたいだったし。


 A01は、見た目がぜんぜん違うんですよね、他のAndroid端末とは。かの錦鯉以来の外見のデザインもそうなんですけど、フォントがぜんぜん他のAndroidとは違うんです。結局、画面見ている殆どの時間は文字を読んでいる訳です。他の端末のジャギーっぽいフォントとは比べものにならないです。iOSもフォント綺麗ですが、Android端末はまだそこまで手が回ってないんではないでしょうか。2年くらいはあの汚いフォント見続けなきゃいけないのか、と思ったら悲しくなりました。それに、既にいち早くメールも対応しているし(使わないけど)、KDDIの独自ブランドということでフルガラパゴス仕様の安心感も確かにあるんですよね。


 実際に使って便利、使いやすい、ということでは、Xperia acroにしておいた方が良いだろうな、とは思ったんですが、ここでそう割り切って買ったら、infobar欲しかったな、と思い続けるような気がしました。頭では分かっていても、やっぱり好みってある訳です。単にモノとしては、Xperiaも物欲は湧くデザインなんですが、「どうだ、カッコイイだろう?」と上から目線で言っているようなデザインで、これを持ったら、毎日楽しくなるな、という気がなんかしなかったんですよね。色も、どピンクと白、黒、どれもピンと来なかったし。毎日手元で使うモノとしては、主張しすぎという感じが段々してきました。


 そもそも、どっちもAndroid2.3だし。だったら、出来ること同じだし。


 と、これだけ「ああだこうだ」と自分を説得して、緑のHACCAのA01に機種変更した訳です(笑)。なんですが。


 まあ、実際に使ってみると、欠点も目につきます。


【一週間使ってみて気になった欠点】


(1)電池持たない
 Twitterなどのヘビーユーザーだと、一日持たない。充電器を、家と会社、携帯用と三つ欲しいくらい。でも、電池は交換できるから劣化しても、はめ殺しのiPhoneより、ここはマシ。


(2)ワンセグ用アンテナ
 ヘッドホン端子がアンテナになってるそうで、これを刺さないとワンセグ入らないらしい。まあ、ワンセグ見るならヘッドフォンは繋ぐだろうけど。まあ、アンテナなんかつけるより、普段の見栄えの方が重要です!あながち間違っていないけど、音いらないときはバカみたいだし、ケーブルなくしそう。予備買っとくか。


(3)ソフト・キーボード
 応答性悪いし、どうしてもQWERTYキーボードの端っこにある”A”を”S”打ってしまいがちだったり。ちょっと上の方を押すようにするのがコツみたい。多分、ディスプレイ基盤の厚みを計算に入れていないんじゃないのか。この辺は、出来具合がシャープだね、という感じ。そういう痒いところまで手が回るようなOS周りの開発しようと思ったら、開発工数が際限なく膨らむので、この辺は日本市場だけが相手のガラパゴスメーカーの限界だと思います。スマホは、純国産メーカーでは限界あると思います。でも、1500円出して、ATOK入れて大分マシになりました。ATOKだけは入れといた方が良い、悪いこと言わないから。


(4)ボタン大杉
 3つもボタンがあると、ソフト毎にどの機能がどのボタンに割り当てられているのか、分かりにくいです。3つって、多すぎます。BACKはともかく、ホームとメニューは概念的に分かりにくいです。ボタンが3つもいるなら、タッチパネル使っている意味無いです。ここは、Androidというか、Google君の一般人とは乖離したオタク/エンジニアの感覚の悲しさですな。


(5)アプリ訳分からなさすぎ
 iTunesのAppストアも何選べばいいか、訳分からないですが、Androidマーケット乃至メーカーのアプリショップも、噂通りのカオス。怪しいのも一杯ありそうだし。結局、ムック本一冊買ってきて、そこの定番中心に攻めてます。
・ESET Security
・Y5 Battery
・Antivirus
・AndroidSync
東京アメッシュ
Radiko
・Raziko
・ジョルテ
Firefox
・ナビウオーク
・Frickroid
Winamp
こんなのしか、まだ入れてません。食べログとか、Instagramとか、Androidアプリまだ出てないんで、これ一台という訳には当分行かないだろうなあ。
 サマソニもCeativemanのアプリでタイムテーブルは殆ど見てました。暗いところでは、やっぱり紙は見えないんで、想像以上に便利だったけど、フレーム写真はバグってるし、My Time Tableは使えなかったなあ。こういうの対応は早いけど、会場運営と同じで魂籠もっていない感じの問題百出というのは、リアルと同じだったかな。でも、あるだけ立派なんだけどね。


【一週間使ってみて気に入った長所】


(1)カワイイ!
 と、大体アラも見えてきたけど、カワイイから許す!と思えるのが、infobarの一番素晴らしいところです(笑)。これはマジで一番重要だと思います。(2)と(3)はiida/SHARPの問題だけど、(1)はスマホ全般の問題だし、(4)と(5)はAndroid自体の問題なので、切り分けて考えなければいけないですが、Xperiaにしていても、(1)、(4)、(5)は大体同じ事だし、ワンセグアンテナはあればあったで邪魔なのも目に見えている(笑)。ちょっと応答性が良くて、動きがなめらかな位なら、やっぱりiidaにして良かったかな、と思います。そこを実用性重視で割り切るんなら、おさいふ&ワンセグ&赤外線欲しければXperia acro、そこはいらないと割り切るんならGalaxy/HTCだと思いますが。テザリング付にしてiPod touchという鬼畜の選択もあるけど(笑)。
 タイル上のUIも美しいし、使いやすいので、これも良かったと思います。他のAndroidの画面って、ホームとそれ以外って、触ってみてもコンセプトがよく分からなかった。iPhoneみたいなページ毎よりも、こっちのスクロールの巻物の方がすっきりしていると思う。よくも、これをAndroidで作ったな、と思います。


(2)ネットワーク連携
 当然ながら、Google関連は一回登録すれば、カレンダーとか全部一発でOKでアプリ毎にいじる必要ないし、母艦のPCに繋ぐ必要もない。総じて、ネットワーク関係はスムーズだし、安定しています。ここはスマホとして正しいあり方だと思います。AndroidSyncというアプリ使えば、PCともWiFiで繋がる。この辺りのコンセプトは、むしろ、iPhoneより進んでると思います。ただ、一般の人にはむしろ分かりにくいでしょうし、その意味では、まだ微妙だし、iPhoneも対応してくるでしょうけどね。


(3)やっぱり常時接続のスマホはイイ!
 まあ、それよりもなによりも、常時接続というのは手に取れば使えるということで、そこの「すぐに手が伸びる」感覚というのが、やっぱりイイです。iPadとか、ノートPCとか、タブレットとか、Eye-fiとか、PSPとか、WiFi機器をどこでもつなげることが出来るし、悪名高いソフトバンクの回線も嫌だったので、他のキャリアからでないかと期待して、ここまでiPod touch + Pocket WiFi使ってきたんですが、使用頻度がやっぱり減りました。アホらしいけど、やっぱり、iPhone5出たら、すぐ買おう!と思いました(爆)。電池の減り考えると、スマホ2台持ちってアリじゃないか?と思います。これからは、スマホの普及で電波帯域が不足するのも目に見えてます。業界では、来年にはパンクするんじゃないか?と言われてるみたいですし、10月からはKDDIも速度制限かけると言ってますし。


 と言う訳で、結論は、iPhone5、早く出ないかな!」というオチです。

Pocket WiFi + Netbook @すたば なう

 ついに、ここでも「なう」ですか。まあ、つぶやきみたいなもんですからいいんですけど。Pocket WiFiネットブック持って、スタバで書いてます。1.2Mbps位しか出てませんが、十分快適です。最近は、普段はiPod Touch + Pocket WiFi、ちょこっとというときは携帯でTwitter見てるんですが、やっぱり、小さいとはいえど、腐ってもパソコン。キーボードのありがたさをしみじみ感じます。UIが良いと言っても、所詮はタッチパネルなんてまがいもんだから。やっぱり、全然ストレス違う。かける量が違う。Pocket WiFiだと、なんでもWiFiつながれば良いんで、使い勝手良いなあ。快適、快適。これなら、家の中でも、ルーター無線LAN届かないところでも使えるな。そんなに速度求めなければ、本当にADSLもいらないかも。Skype使えば、電話もいらないかも。

意外に複合機能デバイスって使えないんだけどな

iPodの進化に見る「単機能デバイスの終わり」の可能性 - ITmedia NEWS
 携帯電話の電源切れるのが嫌で、MP3プレーヤーと携帯、結局、両方持ち歩いている。しかも、Napster用のMP3プレーヤーとiPod2台。携帯も、AUの普通の携帯とアドエス。ちゃんとキーボードの使えるスマートフォンでないと、モバイルでブログ更新とかできないんで。なんとか、まとめたいんだけどな。特に、AUとウイルコム、負け組2つは嫌だ。ドコモから良いアンドロイド携帯出たら乗り換えたいんだけどな。

ノイズキャンセリングヘッドホン買ってみました

SONY カナル型ノイズキャンセリングイヤホン ブラック MDR-NC33/B

SONY カナル型ノイズキャンセリングイヤホン ブラック MDR-NC33/B

MDR-NC33 | ヘッドホン | ソニー
価格.com - SONY MDR-NC33 価格比較
 カナル型ノイズキャンセリングヘッドホン買ってみました。まあ、価格も手ごろだし、オープンエア方式のものは実は一つ持っているのだけれど、持ち運びには邪魔で、結局あまり使っていない。カナル型なら毎日持ち歩いて使えるし、電池も100時間持つからいいかな、と。音量あげなくてすむなら、耳にも良いし。
 でも、ヨドバシの試聴コーナーでは結構良いかな、と思ったんだけど、実際に使ってみると結構微妙な感じ。音量自体が下がる。電車の中ではそれなりに振動音は取り除かれるんだけど、人の声とか普通の音はそんなに消える訳ではない。90%ノイズ除去というのは、『ON時と、ヘッドホン非装着時との比較による値』だそうなので、カナル型で密着することの遮音効果の方が高いのかも。まあ、電車の中だとそれなりに効果ある。地下鉄まだ試していないけど、地下鉄使う人には結構良いかもしれない。オフィスとか屋内で使うよりも、電車用と割り切ればそれなりに効果あるし、良いかな。
 音質的には、まあ、こんなものでしょう。通勤用としては、音質をそんなに追求しても仕方ないかな、と思うし、むしろ、ノイキャンの効果の方が実用的には重要かな、と思う。音質こだわりたいなら、密閉式のでっかいのを使うしかないだろうな。そうなると、鞄もそれを前提で対応しないといけないんだよな。それに、密閉式のヘッドフォンはやはり疲れるし。カナル型でこれ以上の音質追求するなら、上位機種のデジタル・ノイズキャンセルにするしかないだろうね。
SONY カナル型ノイズキャンセリングイヤホン MDR-NC300D

SONY カナル型ノイズキャンセリングイヤホン MDR-NC300D

MDR-NC300D | ヘッドホン | ソニー
価格.com - SONY MDR-NC300D 価格比較
これは視聴してみたけど、音も優秀。でも、通勤用だと消耗品だと思うんで、この価格はやっぱり高いかな。毎日使うものは、やっぱり大切にしたい、というものより、消耗品と思ってがんがん使えるものでないとね。これが1万円になったら買うと思う。
 まあ、クラシックとかジャズが中心の人なら、2万円出してもデジタル・ノイキャン欲しいと思うかもしれないけど。音量上げてガンガン聴きたい人としては、まあ、価格的には良いバランスかなとは思う。でも、カナル型の消音効果で十分だったかもなあ・・・。
 
 

iPhoneを使っているとバカに見える?かもね

Why the Japanese Hate the iPhone (Updated) | WIRED
http://yebo-blog.blogspot.com/2009/02/iphone.html
無料なのに売れない?どうして日本人はiPhoneが嫌いなのか…海外サイトで話題沸騰 - ライブドアニュース
無料なのに売れない?どうして日本人はiPhoneが嫌いなのか…海外サイトで話題沸騰:らばQ
 そもそもスマートフォン使っているだけでも、何、この人?という目で見られることは多いような気がする。まして、iPhoneを使ってると、ああ、だまされて飛びついちゃったお調子者か、この人は、という空気は感じるだろうな。

だけど日本の携帯がそんな進んでいるなら、どうしてこっちで売られていないんだ?

という辺りがむしろ本質だろう。もう、携帯電話って、機器自体がどうのじゃなくて、いろんなサービス含めてなんぼのもの。機器自体は輸出できても、それを前提としたサービス提供業者が立ち上がらなければ意味ない。電車が10分遅れても当たり前の国でNAVITIMEみたいなサービスには意味がないだろう。サービスは結局現地でローカライズして立ち上げなければいけない。そこは単純にモノのように輸出できない。プラットフォームを提供して、現地キャリアとサービスを育てなければいけないということになる。でも、そこは商慣習や文化的な違いが大きいので、大変だろうな。
 その意味では、アンドロイド携帯って、これから3.9Gだ、LTEだ、出てきたときに、どうなんだろう?そこで、スマートフォンって日本でも受け入れられる日が来るんだろうか?来年辺りにはAUWillcomをどちらか1台にしたいと思っているのだけれど、どうなるかな。
 むしろ、こっちの方がネタとしては面白い。
もしスティーブ・ジョブズが、ビッグ3の経営者だったら…:らばQ

・アップルブランドのガソリンスタンドでのみガソリンが買える。
・ガソリンを入れることも出来ない。タンクが空になれば新車を買う。
・ガソリンを入れることはできるがタンクが密閉式なので、工場へ送らなければいけない。しかしながら工場から「雨の中を走ったので水によるダメージがある」と伝えられ保証は使えない。ついでに車が返されたころにはもう使わない。
・車がクラッシュするが理由はわからない。
・でもアップル社にレポートは送れる。
・一番近所のアップル自動車修理場は1000km先で、ようやく家に帰ったあと1週間後にまた取りに行かなくてはいけない。
・窓ガラスについたわずかな傷のことで、たった10人ぐらいがインターネットを占領して大騒ぎする。
・ガラスは光沢があって日中はまぶしいが、とにかく見た目は良い。ボディはアルミ1枚で作られている。
・ボンネットは完全接着されていて、修理のときには工場送りである。
・タイヤのアップグレードを毎日のように待ちこがれ、ナット交換をされるだけで嬉しく感じる。
・新しいモデルが出ると、3色追加されたというだけでただちに買い換える。
・驚くほど操作が簡単で子供でも運転できるが、時速80km以上は出ない。
・バックミラーが壊れたら、新車を買わなければいけない。

バッテリーも交換できない環境に冷たい消耗品でも欲しいと思わせる商品を作るというのは、なかなか出来ることではない。でも、ジョブスが死んだら、この会社は終わりだろうな。

サイバークリーンでキーボード掃除

アイリスオーヤマ サイバークリーン 袋入り 80g ZIP-75

アイリスオーヤマ サイバークリーン 袋入り 80g ZIP-75

アイリスオーヤマ サイバークリーン 145gプラスチックボトル入り PCP-135

アイリスオーヤマ サイバークリーン 145gプラスチックボトル入り PCP-135

 話題のサイバークリーン、さっそくヨドバシで買ってきてみました。

使用前です。

さあ、サイバークリーン登場です。

そんなにたくさんは要らないので、ひとつまみ取り出します。このスライムをキーボードの上でこねくり回します!

すると、ゴミが吸い取られて、きれいになります!勿論、コーヒーかなんかを引っかけたようなこびりついた汚れは取れませんが、年月とともに堆積した埃ライクなゴミはきちんとひっつけてくれます!性質上、使い捨てなので、何ヶ月かに一度、パッケージから取り分けて気になるところを、気が済むまでこねくり回せばいいのではないでしょうか。TVのリモコン、携帯電話、等々でこぼこした気になるところに押しつけこねくり回す。この粘土遊びの楽しさ。効果以上にこの稚戯に溺れてしまいます。触覚の解放とそれを正当化する歴然たる実益。
 基本は使い捨てなので、明日は会社に持って行って、会社のノートPC掃除してしまいます。

Chumbyその後

[rakuten:adtec:10001970:detail]
 Chumby、あまりインターネットラジオ機能使いこなしてなかったんで、少しいじくり回してみたけど、使える、使える。
 まず、日本からはアクセスできないPANDORAにアクセスできてしまうというのが嬉しい。PANDORAは、「ユーザー自身の好みの音楽を分析しピックアップしてくれる機能が備わった音楽の配信サービス」。現在、日本からアクセスしようとすると、「大変、大変、申し訳ないんですが、米国の外からのアクセスは・・・」と言われてしまうけれど、Chumby経由だとアクセスできる。
 他にも、山ほどインターネットラジオのチャンネルがあるので、USのラジオも聞き放題です。ただ、ネットラジオは何が面白いのか、まだ良く分かってないんで、そこが敷居になってます。とりあえず、X1 FMというのを良く聞いてます。San Diegoのオルタナ系ラジオ局のネットストリームみたいです。"MUSIC>radio free chumby>21.X1 FM -Alternative"です。
 でも、Pandoraが曲だけなので、一番快適そう。試しに、"Oasis, R.E.M., Mary J. Blige, Alicia Keys, Red Hot Chili Peppers"と入力すると、それぞれのRadio Stationが出来て、さらにQuickMixという全部入れたのが出来て、後は、大体そういう線で曲を流しまくってくれます。いま、そのQucikMixかけてますが、The Verve"The Bitter Sweet Symphoney"、FooFighters"Learn To Fly"、Incubus"Pardon Me"、The Killers"Somebody Told Me"、GreenDay"Basket Case"、Smashing Pumpkins"1979"と流れてきました。大体、いい感じです。かかっている曲がすぐわかるのもうれしいです。

 それから、誰かばらしてくれないかなあ、中どうなってるのかなあ、と思ってたら、ここでやってくれていた。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/07/21/cookingchumby03/index.html
「化繊綿」が詰め込まれてるのか。笑っちゃうな。発熱考えたら、普通こんな事できん(笑)。無茶するよな。でも、詰め物の種類ややりようによっては、熱伝導性良くなったり、・・・しそうにないな。大体、外は合成皮革ばりばりだし。あり得ない、この熱設計。でも、これって音響設計的にはどうなのかな?このクラスにしては、結構いい感じでこれ鳴るんだよね。触感と音響を優先してるのかも?

 後、さっき見つけたのだけど、"Perfume Images"というwidgetがあって、「「Perfume」のものと思われる画像をインターネットで収集し、スライドショー表示する」というのでセットに入れてみた。おお、拾ってくる、拾ってくる。マニアックなものを良く作るな、それにしても。こういうの、普及し始めると、ファンクラブが作って公開するようになるんだろうな。PinkがiPhone向けのアプリ公開したという話あったけど、携帯やWidget向けにそういうことみんな始めるんだろうな、多分、MySpace経由で。

 これも、国内ユーザーが増えると、もっと面白くなるんだろうけど、でも、そんなに普及するとも思えないんだよな。Widgetも規格統一してどの機器でも使えるようにしてくれればいいのに。
カーラッピングにコーティングできるか?|カーラッピングとは
Chumby
http://ascii.jp/elem/000/000/148/148593/